不動産

住宅ローンは固定金利と変動金利どっちがお得?【現役不動産営業マンが比較】

困っている
ウサギさん

住宅ローンの金利プランって、固定金利がイイの?それとも変動金利?

ペイトン

とうとう金利を選ぶところまできましたね!

金利プランの内容比較から、どっちがオススメかまで発表しますよ!

困っている
ウサギさん

まずは内容を知らないとね!

ペイトン

その通りですね!

では早速いってみましょう!

この記事を読むとこんな疑問が解消されます

こんな疑問が解消されます
  • 固定金利と変動金利どっちがオススメ?
  • 固定金利と変動金利の内容とは?
  • 固定金利と変動金利のメリット・デメリット

わたくしペイトンは、2015年から売買専門店の不動産会社で100件以上の不動産売買を仲介してきました。

住宅ローンを組むときに一番迷うのが、固定金利にするか変動金利にするかを選ぶときです。

なぜなら、誰も将来に金利が上がるのか下がるのかが分からないのに、損をしないむしろ徳をする金利プランを選択したいと考えるからです。

誰も将来のことは分かりません。

もちろん私にも損をしないお得な金利プランが分かるわけではありません。

それでも損をしずらく徳をする可能性が高いプランを紹介することは可能です!

金利プランで悩んでいる人にはもってこいの記事になっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

この記事を書いているペイトンとはこんな人です👇

twitter:@payton553253

プロフィール記事はこちらです👇

My Profile はじめまして! ペイトンと申します! (@payton553253) 今回は自己紹介をさせて頂きます! ...

住宅ローンは固定金利と変動金利どっちがオススメ?

ペイトン

ズバリ変動金利です!

困っている
ウサギさん

早くもズバッときたね!!!

その理由を聞かせてよ!

ペイトン

まぁそう焦らず。

まずは金利プランの説明からいきましょう!

困っている
ウサギさん

イイとこでCMにいくパターンだね。

たしかに内容理解しないと、なんでオススメなのかも分からないからね。

ペイトン

その通りです!

では解説していきましょう!

固定金利と変動金利の比較

固定金利と変動金利とはこのような返済方法になります👇

固定金利とは?

一定期間(2年や、3年、5年、10年、全期間等)金利が固定される返済方法。

金利が固定されるため、返済金額も固定期間中は変わらない。

変動金利とは?

半年に1回、金利の見直しがある返済方法。

金利が変動するため返済金額も変わる。

困っている
ウサギさん

名前通りの内容だったね(笑)

これだけだとどっちがイイかは分からないね。

ペイトン

ですので、次にメリットとデメリットを解説していきます!

固定金利・変動金利のメリット・デメリット

固定金利と変動金利のメリット・デメリットを表にしました👇

メリットデメリット
固定金利・固定期間中は返済金額が変わらない
・金利が上昇しても返済金額は高くならない
・金利が下降していても返済金額が少なくならない
・変動金利より金利が高い
変動金利・金利が固定金利より低い
・金利が下降すると返済金額も少なくなる
・金利が上昇すると返済金額も高くなる

固定金利は安定を求める人にオススメで、変動金利はより低い金利で住宅ローンを組みたい人にオススメです!

困っている
ウサギさん

勝負師の私としては変動金利を選びたいところだけど、金利の変動はどのくらいあるの?

ペイトン

さすが冷静な勝負師ですね!

過去の金利がどう動いてきたのかをみてみましょう!

住宅ローン金利の推移

1984年からの住宅ローン金利の変動を表したグラフがこちらです👇

グラフをみると1996年頃から金利が下がったままです。

2008年のリーマンショック時には金利が一時的に上昇しましたが、そのあとすぐに元に戻り、コロナショックの影響もあまりありません。

このように、住宅ローン金利は過去25年以上低いままなのです。

金利は経済が良くならないと上昇しません。

今の日本はコロナショックの影響で経済が良くなく、長期的にみても少子高齢化が進んでいますので、経済が良くなる見通しが全く無い状態です。

このような状況ですので、金利が今後上昇する可能性は低いと考えられます。

困っている
ウサギさん

あんまり動きがないんだったら変動金利のほうが良さそうだね!

ペイトン

オリンピックでも経済が良くなっていませんしね。

ほかに上がる要素が無いんですよね。

困っている
ウサギさん

これならみんな変動金利で住宅ローンを組んでるのかな?

ペイトン

そこも確認してみましょう!

住宅ローン利用者の金利タイプ

実際に住宅ローンを組んでいる人が、固定金利と変動金利どちらを選んでいるかを確認してみましょう👇

ずっと50%以上の人が変動金利を選んでいて、徐々に割合が高くなっています。

最新の調査では約70%の人が変動金利を選んでいます!

困っている
ウサギさん

やっぱりみんな変動金利を選んでいるんだね!

ペイトン

そうなんですよ!

ここで私が変動金利をオススメする理由を発表します!

困っている
ウサギさん

もう十分に良さが伝わったからいいよ。

ペイトン

まぁそういわずに!

ここからが私の見せ場ですからね!

変動金利のオススメポイント3選

私が不動産購入をお手伝いさせて頂いたお客様も、ここ最近はほとんどの方が変動金利を選んでいます。

その理由の一つが、私が変動金利のオススメポイントを説明しているからです!

いつものように変動金利のオススメポイントを解説します!

変動金利のオススメポイント① 金利が低い

固定金利・変動金利のメリット・デメリットでも解説した通り、固定金利より変動金利のほうが金利が低い設定になっています。

この金利差ができる理由はこちらです👇

固定金利は、固定期間中の金利変動のリスクを銀行が負担するため金利が高くなります。

変動金利は、金利の変動リスクを借りる側が負いますので金利がそのぶん低くなります。

なんといっても金利プランを選ぶポイントは金利です!

ですので金利が低い変動金利をオススメします!

困っている
ウサギさん

勝負師の私には関係ないんだけど、金利が変動するのはやっぱり嫌じゃない?

ペイトン

もちろんそうなんですけどね!

そこはオススメポイント②で解決しますよ!

変動金利のオススメポイント② 変動金利が上がれば固定金利も上がる

変動金利は、金利が変動するリスクを負うかわりに金利が低く設定されています。

だからといって固定金利の金利が変動しないかといったらそんなことはありません!

変動金利が上昇すれば固定金利も上がります

イメージとしてはこのような感じです👇

変動金利と固定金利の金利変動のイメージ

困っている
ウサギさん

上がるときも下がるときも一緒なら、もともとが低い変動金利のほうがイイね!

ペイトン

ですよね!

では最後のオススメポイントいきますよ!

固定金利のオススメポイント③ 最新の金利動向を確認できる

変動金利は半年に一回金利が見直しになるため、最新の金利状況が半年ごとに通知されます。

それを確認することにより最新の金利状況を確認することができます!

固定金利の場合、3年、5年、10年の固定期間中は自分から金利を確認しにいかなければ、最新の金利状況を知ることが出来ません。

借入を始めるときは金利を確認するのに、借りた後は確認をしなくなってしまいます。

借り始めの金利も重要ですが、その後の金利をどう選んでいくかのほうが期間が長い分、より重要になります!

この選択によって支払総額が変わってきますので、最新の金利を常にチェックできる変動金利は、こういった点でもオススメです!

金利動向を常に確認し、見直しになったときにベストな選択をできるように備えましょう!

困っている
ウサギさん

借りるときは真剣に検討するけど、見直しの時はそのままでいいやって適当に決めちゃいそうだよね。

ペイトン

卵の値段が10円違うのには敏感なのに、住宅ローンの支払額が数千円違うのには関心がないって変ですよね!

卵の値段以上に住宅ローン金利を確認してほしいですね!

困っている
ウサギさん

でも金利によってどのくらい支払金額が変わるの?

ペイトン

たしかに実際に数字を使って説明しないとわかりずらいですよね!

では実際の数字を使って解説していきます!

返済シミュレーション

金利が変わるとどのくらい支払金額が変わるのかをみてみましょう!

借入金額を3,000万円、借入期間を35年とした場合の、固定金利と変動金利の支払金額の比較です👇

【固定金利0.6%の場合】

金利月々の支払金額支払総額
固定金利0.6%79,208円33,267,360円
変動金利0.4%76,557円32,153,940円
差額0.2%2,651円1,113,420円

【固定金利0.8%の場合】

金利月々の支払い金額支払い総額
固定金利0.8%81,918円34,405,560円
変動金利0.4%76,557円32,153,940円
差額0.4%5,361円2,251,620円

【固定金利1.0%の場合】

金利月々の支払い金額支払い総額
固定金利1.0%84,685円35,567,700円
変動金利0.4%76,557円32,153,940円
差額0.6%8,128円3,413,760円

困っている
ウサギさん

数字でみると丸わかりだね!

こりゃ変動金利一択じゃないの?

ペイトン

そうみえますね!

ただし将来のことは誰にもわかりませんので、絶対に変動金利がお得とは限りません!

ですので金利の動きを常に確認する必要があるんです!

困っている
ウサギさん

絶対にお得なプランがあれば、それ以外のプランはいらないもんね。

ペイトン

その通りです!

変動金利以外にプランがあるってことは、変動金利が絶対じゃないってことです!

まとめ

今回は固定金利と変動金利について解説してきました!

内容をまとめるとこのようになります👇

固定金利と変動金利のまとめ

✔︎オススメなのは変動金利

✔︎金利は過去25年ほとんど変化していない

✔︎住宅ローン利用者の約70%が変動金利を選んでいる

✔︎将来金利がどうなるのかは誰にもわからない

困っている
ウサギさん

変動金利がオススメなのはわかったんだけど、銀行はどうやって探せばいいの?

ペイトン

手紙で探すわけないじゃないですよ(笑)

ネットをつかって探します!

困っている
ウサギさん

誰も手紙なんて言ってませんけどね。

住宅ローン借り換え一括審査申込み

困っている
ウサギさん

これで住宅ローンについてはオッケーだけど、他にもお得情報を解説した記事あったよね?

ペイトン

仲介手数料を無料にする方法を解説した記事ですね!

購入前に読んで!知らないのにみんな支払ってる高額な仲介手数料の正体!仲介手数料の正体を知らずに支払っていませんか? 3,000万円の物件を買うのに100万円の手数料ならしょうがないかと、なんとなく支払っていませんか? しかし仲介手数料は高額です!しっかりその正体を知ったうえで納得して支払いましょう! ...

100万円も損?仲介手数料は交渉できる?無料のデメリットは?不動産業者が暴露!仲介手数料でお悩みの人は必見!実は仲介手数料の値引き交渉はできますし、仲介手数料無料でもデメリットは少ないんです!同じ物件を同じ価格で購入しても仲介手数料で支払総額が変わってきます。だったらこの記事を読んで、賢くお得に不動産を購入しましょう! ...

困っている
ウサギさん

あと不動産を購入したらアンケートに答えないとね!

ペイトン

そうです!そうです!

suumoアンケートで5,000円ゲット!【現役不動産営業マンが解説】 こんにちわ! ペイトンです!(@payton553253) 今回は、suumoのアンケートに答えるだけで、...

困っている
ウサギさん

ここまでやれば十分だね!

ペイトン

せっかく家を購入するなら太陽光パネルを無料で設置するのもオススメですね!

https://www.toushika-payton.com/getasolarpanel/

困っている
ウサギさん

それがあったね!

さすがにもう十分でしょ!

ペイトン

いえいえ!

まだまだお得情報がありますので解説していきますよ!

困っている
ウサギさん

もういいよ!

長すぎると誰も読まないよ!

次の記事にしてよ!

ペイトン

たしかにそうですね。

文字数も4,000字を超えたんで今回はこの辺にしましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメ記事