不動産

購入前に読んで!知らないのにみんな支払ってる高額な仲介手数料の正体!

identity

困っている
ウサギさん

はい!

仲介手数料ってなんですか?

よく分かんないのに高額だし、支払うのが普通なの?

ペイトン

おっ!ウサギさんも家を購入するんですか?

高額な仲介手数料を知らないで支払うのはよくないですからね!

しっかり勉強しましょう!

困っている
ウサギさん

これから結婚したら家買うのかなぁと思ってさ!

その時のために勉強しておかないとじゃん!

ペイトン

…そうですね。

何が起きるか分からない時代ですからね。

困っている
ウサギさん

そんな万馬券みたいな言い方するなよ!!!

こっちだって必死なんだぞ!

ペイトン

大変失礼しました。

まずは知ることが重要ですからね!

ではいってみましょう!

この記事を読んで頂くと、このような疑問が解消されます↓

こんな疑問が解消されます
  1. 仲介手数料ってなに?
  2. 仲介手数料ってどうやって計算しているの?
  3. 仲介手数料と事務手数料や書類作成費はどう違うの?

わたくしペイトンは、2015年から不動産会社に勤務し100件以上の不動産売買を仲介してきました。

その中でお客様からの質問が多かった、「仲介手数料ってなんですか?」という疑問を解消するために記事を書きました

ぜひ読んでみてください!

profile

詳しいプロフィールはこちらの記事を読んでください↓

My Profile はじめまして! ペイトンと申します! (@payton553253) 今回は自己紹介をさせて頂きます! ...

仲介手数料ってなに?

brokerage fee

まず仲介手数料を説明する前に、仲介とは何かについて解説します。

仲介とは不動産の賃貸契約や売買契約を行う際に、賃貸契約であれば貸主と借主、売買であれば売主と買主の間に入って、手続きのお手伝いをするのが仲介です。

仲介手数料とは仲介作業に対して受け取る報酬です。

困っている
ウサギさん

仲介をしてもらうことによってスムーズに手続きが進むんだね!

ペイトン

専門的な用語や手続きばかりなので、そこをわかりやすく説明して、問題なく契約を終わらせるのが仲介人の仕事ですね!

仲介手数料ってどうやって計算しているの?

calculation

仲介手数料の計算方法は、賃貸と売買で違いますのでそれぞれ解説していきます。

不動産賃貸の仲介手数料計算方法

賃貸の場合は計算は必要ないので、何をもとに仲介手数料が決まるのかが重要になります。

その仲介手数料のもとになっているのが家賃です。

困っている
ウサギさん

そうそう。

賃貸は家賃がもとになっていて、家賃の1ヶ月分が仲介手数料だよね!

ペイトン

半分残念!!!

家賃の半月分が、仲介手数料の場合があるんです!

困っている
ウサギさん

どっひゃー!!!

半月分でいいの?

だったら今まで支払った分返して!

ペイトン

私に言われても…。

1ヶ月分を請求されても反論できるようにしっかり勉強しましょう!

もう一度言いますが、賃貸の仲介手数料は家賃の半月分の場合があります!!

賃貸の場合の仲介手数料はこのように決まっています↓

第四 貸借の媒介に関する報酬の額

宅地建物取引業者が宅地又は建物の貸借の媒介に関して依頼者の双方から受けることのできる報酬の額(当該媒介に係る消費税等相当額を含む。以下この規定において同じ。)の合計額は、当該宅地又は 建物の借賃(当該貸借に係る消費税等相当額を含まないものとし、当該媒介が使用貸借に係るものであ る場合においては、当該宅地又は建物の通常の借賃をいう。以下同じ。)の一月分の一・一倍に相当する金額以内とする。この場合において、居住の用に供する建物の賃貸借の媒介に関して依頼者の一方か ら受けることのできる報酬の額は、当該媒介の依頼を受けるに当たつて当該依頼者の承諾を得ている場 合を除き、借賃の一月分の〇・五五倍に相当する金額以内とする

宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額(昭和四十五年十月二十三日建設省告示第千五百十二号)

このように貸主と借主から受け取れる仲介手数料の上限は、家賃の1ヶ月分になります!

困っている
ウサギさん

貸主からも仲介手数料を受け取っていた場合には、借主は1ヶ月分支払う必要はないってことだね!

ペイトン

そのとおりです!

仲介手数料がどういうものかを理解していると堂々と支払拒否できますよね!

もし支払いを拒否した場合に、貸主から受け取っているのは仲介手数料ではない等と説明をされ、なお家賃1ヶ月分の仲介手数料を請求された場合には、他の不動産賃貸業者を探してみましょう!

同じ物件をたくさんの不動産会社で取り扱っているので、仲介会社を替えてしまっても問題ない場合が多いです。

不動産売買の仲介手数料計算方法

不動産売買は不動産賃貸と違って完全に計算です。

不動産売買の仲介手数料の計算式はこのとおりです↓

第二

売買又は交換の媒介に関する報酬の額

宅地建物取引業者(課税事業者(消費税法第五条第一項の規定により消費税を納める義務がある事業者をいい、同法第九条第一項本文の規定により消費税を納める義務が免除される事業者を除く。)である場合に限る。第三から第五まで、第七、第八及び第九1において同じ。)が宅地又は建物(建物の一 部を含む。以下同じ。)の売買又は交換の媒介に関して依頼者から受けることのできる報酬の額(当該 媒介に係る消費税等相当額を含む。)は、依頼者の一方につき、それぞれ、当該売買に係る代金の額(当 該売買に係る消費税等相当額を含まないものとする。)又は当該交換に係る宅地若しくは建物の価額(当 該交換に係る消費税等相当額を含まないものとし、当該交換に係る宅地又は建物の価額に差があるときは、これらの価額のうちいずれか多い価額とする。)を次の表の上欄に掲げる金額に区分してそれぞれの金額に同表の下欄に掲げる割合を乗じて得た金額を合計した金額以内とする。

宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受け取ることができる報酬の額
(昭和四十五年十月二十三日国土交通省告示四百九十二号)
二百万円以下の金額百分の五.五
二百万円を超え四百万円以下の金額百分の四.四
四百万円を超える金額百分の三.三

困っている
ウサギさん

文章は意味分かんないし,計算式も複雑だね。

もっと簡単なのないの?

ペイトン

そんなウサギさんにもってこいの計算式があるんですよ!

この計算式が原則になりますが、売買金額が400万円を超える場合には、200万円以下を計算した金額と、200万円を超え400万円下の部分を計算した金額、400万円を超える部分を計算した金額を合計する必要があるため手間がかかります。

そのため、簡略した計算式を使うのが一般的です↓

売買金額仲介手数料計算式
200万円以下の金額売買代金×5%×消費税
200万円を超え400万円以下の場合売買金額×4%+2万円×消費税
400万円を超える場合売買金額×3%+6万円×消費税

2万円や6万円を加えることによって調整をしていて,段階的に計算する手間を省くことができます。

困っている
ウサギさん

さっきのに比べると簡単だけど,まぁ複雑だね。

ペイトン

売買金額はだいたい400万円以上ですから使うのは限られてますよ!

困っている
ウサギさん

だったらギリ覚えられそうだね!

ペイトン

それで十分ですよ!

こうやって計算され請求されるのが不動産売買の仲介手数料になります。

例えば3,000万円の不動産を購入しようとした場合には、

3,000万円×3%+6万円×消費税=1,056,000円

になります。

困っている
ウサギさん

えげつない金額だね。

何とかなんないの?

ペイトン

お任せください!

不動産売買の仲介手数料は値引き交渉も出来ますし、

無料の不動産会社もあります!

困っている
ウサギさん

どっひゃー!!!

お得じゃん!

どうすればいいの?

ペイトン

チョー簡単にいうと、この記事を読んでください↓

100万円も損?仲介手数料は交渉できる?無料のデメリットは?不動産業者が暴露!仲介手数料でお悩みの人は必見!実は仲介手数料の値引き交渉はできますし、仲介手数料無料でもデメリットは少ないんです!同じ物件を同じ価格で購入しても仲介手数料で支払総額が変わってきます。だったらこの記事を読んで、賢くお得に不動産を購入しましょう! ...

困っている
ウサギさん

なんとなく分かったよ!

この、「お家.com」に問い合せればいいんだね!

【お家.COM】

ペイトン

まぁ最後まで読んでくださいよ!

困っている
ウサギさん

せっかくだから読んでからにしますか!

仲介手数料と事務手数料や書類作成費はどう違うの?

document

仲介手数料以外に、事務手数料や書類作成費の内容をよく知らないまま支払っている人も多いです。

これから不動産を賃貸や購入しようと考えている方はしっかり理解しましょう!

ズバリ結論ですが,仲介手数料は法律で上限額等が定められた費用になります。

それに対して、事務手数料や書類作成費は不動産会社が自由に金額を決められる費用になります。

事務手数料や書類作成費は自由なので,請求する不動産会社もあれば請求しない不動産会社もあります。

その金額も自由なので,10万円請求する不動産会社もあれば、30万円請求する不動産会社もあります。

困っている
ウサギさん

法律で決まってないなら支払わないってことも出来るの?

ペイトン

出来ます!

なので積極的に交渉するようにしましょう!

交渉して仲介手数料や事務手数料、書類作成費を削減できたら、太陽光パネルを無料で設置設置して電気代も削減しましょう👇

https://www.toushika-payton.com/getasolarpanel/

まとめ

summary

今回は仲介手数料について解説してきました!

賃貸では家賃の 1ヶ月分を、請求されるがまま支払っていたり,売買の場合には仲介手数料の他に事務手数料や書類作成費を数十万円単位で支払っている人もいます。

正直,知らないと損をしてしますことが多いので,しっかりと下調べをしたうえで不動産会社に問い合わせをするようにしましょう!

困っている
ウサギさん

あ,もしもし,仲介手数料と事務手数料,書類作成費は支払いませんが物件を借りたいです。

「ガチャンッ!ツーツーツー」

あれ!?

ペイトン

あれ!?じゃないですよ。

言い方ってものがあるでしょ!

最後までご覧いただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメ記事